湯田貯砂ダムのライトアップです

別名:錦秋湖大滝 と言うそうで。

秋田自動車道を使っていると現れる錦秋湖SAの錦秋湖です。

場所は岩手県ですが、秋田との県境なので、秋田から向かうのはそんなに苦ではありませんでした。

ライトアップの時間は18:00~20:00でした。

その前の時間も、色々とイベントがあったらしいが、行けなかったorz

早い時間はこんな感じです

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:93mm シャッタースピード:1/5 ISO:100 絞り値:f/4

まだライトアップ感はあまりないですが、きれいです。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:49mm シャッタースピード:1/60 ISO:250 絞り値:f/4

太陽が山に隠れて、夕陽と一緒に。この日は天気もとてもよかったね~。

湖面がオレンジに輝いているのがいいですね。ライトアップがちょっと非日常感的な感じなのもよいです。

上の2枚を見てもらってわかる通り、近くからも撮れますし、高台からも撮れるので、撮影していてとても楽しい場所でした。

いよいよ夜です

実はこのイベントが初めて自分でシャッタースピードをいじって撮影した日だったんです。帰ってから落ち着いて写真を眺めて気付いた。

え、なんかブレてない?

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:73mm シャッタースピード:2s ISO:100 絞り値:f/4

この写真、とても気に入ってるだけに、ブレが本当に惜しい。

なんかオーロラみたいですごくキレイ。

それだけに、ブレが…w

原因はシャッターを押したときの微妙なブレ。三脚に固定しているからといって油断してましたねw

このイベントで痛い目を見たので、これ以降のこういった撮影はタイマー設定にして、シャッター切るときに衝撃が加わらないようにしてます。基本中の基本ですね…w

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:84mm シャッタースピード:4s ISO:100 絞り値:f/4

高台から視点です。

これもまた、水面がカラフルに輝いていていい感じですが、ぶれてますね!

滝の中をくぐれるんですよ!

一番最初の写真をよく見ると、通路みたいになってるがわかると思うのですが、実際に通ることができます。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/5 ISO:100 絞り値:f/4

ライトアップの仕組みはこうなっているんです。

音の迫力が凄いです。ドヴァーっ!って感じでw

そしてとても涼しい。マイナスイオンですよ。夏にピッタリです。

撮り応えバッチリ。ロマンチックなイベントでした。

こんな感じに、時間やアングルによって色んな撮り方ができる、楽しいイベントでした。

カメラ始めて2か月くらいの時でしたが、こういうイベントに出会えてよかったです。

次は、タイマー設定でちゃんと撮りたい!!

普通にお出かけでも、良いひと時を過ごせると思いますよ。

広々、鮮やかな景色と滝の落ちる音、涼しい夏の夜風。

デートしているカップルも居ました。後ろから撮りたかったなぁ…wこういうシチュエーションなだけに、どういう話をしているのかが気になります。

妄想を捗らせつつ、自分は黙々と撮影していましたとさ…w

開催時期

2018年7月28日~29日

(2017年は8月11日~12日だったようです)

開催は2日間とチャンスは少ないですが、是非足を運んでみてはいかがでしょ~。

おしまい。