かまくら祭りって何をするんでしょう

生まれも育ちも秋田の自分ですが、今回行くまで、何があるかも、何をするのかもわからなかったw

道にかまくらが作られて~、で?という感じでw

6か所の会場でやっているので、会場ごとにどんな感じだったのかってのと、会場の回り方とかを書きます~。

会場紹介

①横手市役所前の公園と前の歩道

行ったことがないので、雪がない時、どんな公園かはわからない(

公園前の広い歩道に、かまくらが並んでいました。かまくら祭りって感じです。

かまくらを作るためにこんなに広い歩道が作られたのか…?w

正直、横手市で普通に歩道作るってば、こんなに広い必要はないはず。かまくらを作るために、広く作られたのだろうか…w

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/160 ISO:8000 絞り値:f/4

かまくらの中身はこんな感じです。これは終わった後に撮った写真。

中で地元の中学生くらいの子供たちが、お餅や甘酒を振舞ってくれるのだとか。

結構、かまくらの前には列ができていて、すんなりは入れない。ゆっくり入りたいところだったが、会場をできるだけ周りたかったので、泣く泣くスルー。

公園の中には、キャラ物の雪像が4体くらい居ました。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:84mm シャッタースピード:1/160 ISO:6400 絞り値:f/4

NHKのチコちゃん。キャラと番組名は知っているものの1度も観たことはない。叱られる。

市役所前の会場は、かまくらの文化とか、雪像前で記念撮影~って感じで楽しめます。近くには屋台とかの通りもあって、お祭りムードもあります。

②蛇の崎川原

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/80 ISO:2000 絞り値:f/4

とてもキレイでした。ここは絶対行くべき。

「これは地上の天の川だ」、と巡回バスに乗ったお客さんが言っていた、と巡回バスの職員さんが言っていた(又聞き

横は川

光の川の横には、普通の川が流れていますw

普通に川の方まで降りていけます。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/5 ISO:2000 絞り値:f/4

とてもステキ。ミニかまくらは、地元の学校の生徒さんたちが作ったそうです。すごい。

三脚を立てるスペースは普通にありますが、かまくらを壊さないように注意が必要です。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:105mm シャッタースピード:1/25 ISO:2000 絞り値:f/4

ミニかまくらが良い感じにボケるので、ポートレート映えもバッチリ。お勧めです。後ろに人が入り込まないタイミングを頑張って狙いましょうw

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/100 ISO:1000 絞り値:f/4

カメラやってる人なら、とても楽しめるスポットだと思いますよ。

橋の上から、川まで降りてから、ポートレートも。

③横手公園

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/100 ISO:2000 絞り値:f/4

雪と横手城のライトアップ。いい感じに撮れたかな?

とても吹雪いていた!

横手城に登ることもできます。大人は100円とられます。

横手の夜景を一望できます。真ん中ちょい下には②の蛇の崎川原も見えますね。

3脚を立てるスペースは無いので、写真を撮るのにはあまり向いていません(無理やり立てようと思えばできるけど、通路を塞いでしまうのでお勧めできません)

肉眼でゆっくり、ほっとため息の1つや2つを吐きながらぼーっと眺めるのが、良いかな。

後ろの雪だるまのっかてるやつがかわいい。

蛇の崎川原のスケールには及びませんが、ミニかまくらスペースもありますよ。

とてもいい構図で横手城とかまくらを収めて撮れるスペースもあったんだけど、スペースがかなり限られていて、断念しました…wカメラマンなら撮りたくなるアングル、人気もあるw

次は撮りたい!

④横手南小学校

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/125 ISO:2000 絞り値:f/4

小学校の校庭です。後ろに見える青い光が学校ですね。

ミニかまくらの数は、

蛇の崎川原>>>>>>>>>横手南小学校>>>横手公園

くらいな感じです。

ミニかまくらの中には、児童たちの願い事が書かれた紙が入っています。

どの願い事もピュアピュアで、風景も相まって、心が浄化されますよw

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:105mm シャッタースピード:1/125 ISO:1000 絞り値:f/4

こちらもミニかまくらがいい感じにボケるので、ポートレートのバックにもいいですね。

⑤二葉町かまくら通り

時間切れで行けずorz

⑥羽黒町武家屋敷通り

こちらも時間切れで行けずorz

会場の回り方ポイント

かまくらは18:00~21:00までの開催です。

全6か所ある会場やその他の催しを3時間で、すべて周るのは結構厳しいと思います。行けたとしても、ゆっくり楽しむというのはできないかもです。

横手の名産品が食べられる「ほっこり横丁」などのイベントは、かまくら祭りが始まる18時よりも前に始まっているので、早めに行っておいて、18時以降はかまくら巡りに専念という策もアリかもですね。

巡回バスの乗り方、重要です

市役所前→横手南小学校→横手公園→二葉町→市役所前…

という順番で、巡回バスが走っています。各バス停間は大体5分くらいです。1周25分前後、という感じでしょうか。

とても便利で、一時的に暖かい空間に避難できるので、ありがたいです。

ただ、回り方は上に書いた順番の一方通行です。逆回りはありません。

ですので、巡回バスを使って、「横手公園に行ってから小学校に行こう~」となると、20分くらいバスで過ごすことになります。たくさん会場を回りたいっていう場合は、時間ロスになるので、注意です。

雪降る中、バスを待ちます。

この写真は、横手公園のバス待機列です。

最初見た時は、「えっこれ何分待つんだ…」と思いましたが、思ったよりは早く乗れた印象です。全6台で運行してて、一気に3台迎えに来るタイミングもありました。

この写真を撮った時間帯と横手公園というのが相まって、これくらいの列になっていますが、他の時間や会場は、こんな列にはなっていなかったと思います。

この時期の横手はだいたい雪が降っているので、待機中に雪を凌ぐための傘があった方がいいかもしれませんね。写真でも差している人がいますね。

自分は、市役所前から横手公園まで徒歩で行ったのですが、横手公園の坂が、結構キツかったですw

足場も悪いし、傾斜がキツい。足腰、体力に自信がない人は、バスの使用をお勧めします。

横手公園から横手南小学校までバスを使った時の乗務員さんが、写真で会場を紹介してくれたり、秋田弁早口言葉を披露してくれたりして、面白かったですw

ゆっくりバスに乗って過ごすのも、アリかもしれませんよ?

開催時期・アクセス等情報

訪問日:2019年2月16日

開催期間:2月15日~2月16日(毎年同じです)

駐車場は、パンフレットのマップにたくさん載っているので、どこかに停められると思います。

自分は、横手駅前、会場周辺は駐車場も狭そうですし、交通規制とかもあるので、回避しました。

最初は横手体育館の駐車場に行きましたが、17時40分くらいの時点で満車でした。

横手体育館からすぐのところに、平鹿総合病院という立派な病院があって、そこは割と余裕で止められました。

横手体育館から市役所前へのバスも出ています。

ただ歩いても15分くらいで着けてしまうので、それが大丈夫って人はわざわざ使う必要も無いかなと思います。18時前は結構な列になっていたので、乗っても乗らなくても、時間的にはそんなに変わらないのかな~と。あとは体力の問題でしょうかw

ボリューム満点の横手かまくら祭り、ぜひ来てたんせ~。