ロマンあふれる

平成7年(1995年)に閉山するまで実際に稼働していた、油田設備の跡地です。

地域の案内板通り進んでいくと、トタンの建物があります。

この中に設備が残っています。

車はこの建物の正面に3台くらい停められるスペースがあります。

休日の昼間に行きましたが、来たのは自分ひとりだったので、車が置けないということは無いかと思います。

雰囲気出てます

大正時代から稼働していた設備という時点で、いい画が撮れそうな気がしてならなかったけど、期待通りの雰囲気でした。

錆びた鉄柱と旧字体の注意書き
哀愁漂うスパナとボロボロのベルト

いい感じじゃないですか~!?

ちょっと機械系をかじった人間なので、尚更、こういうメカメカしい設備というのは見てて、撮ってて楽しくなります。

こういった、歴史ある建造物系って、外から見られるだけで、近くまでは立ち入ることができないっていうパターンも多々ありますが、ここは自由に立ち回って見学できるのも良いですね。

白黒写真も似合う~

アクセス等

訪問日:2019年9月20日

冬はやっていないみたいです。

駐車場:建物の正面に3台程

仁賀保IC・仁賀保駅から車で10分程。近づくにつれて道幅が狭くなるのでお気を付けて!

ということで。

昔ながらの機械設備の雰囲気を味わいたい方は、是非行ってみてはいかがでしょ~?

でわでわ。