とってもキレイ!

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/10 ISO:2000 絞り値:f/4.0
ストロボ:NISSIN i60A
秋田県秋田市にて

だと思いませんか!?

雪が星のように見えたり、蛍のように見えたり、とても好きです。

ちなみにフラッシュを焚かないと、下の写真のような感じになります。

雪が降っているのかすらよくわからない

冬はなかなか撮影機会が他の季節に比べると少なくなりますが、こういった冬ならではの撮影方法を楽しんでいきたいですよね。

撮影方法

①カメラにストロボを装着

出発前の車内とかで事前に取り付けておくことをお勧めします。

雪が降っている中でストロボを装着するのは、結構しんどいですからね…。

素手だと手がかじかむし、手袋だと思うように指先が動かないので!

指先のコントロールが効くうちに装着です!

②カメラを固定

冒頭に載せてあるような写真を撮る場合、三脚での撮影が一番ですね。

でも雪の中でいろいろするのは①に書いたように億劫なので、できれば適当にカメラを固定できるような場所があれば良いですね。

冒頭の写真は、橋の柵の上にカメラを置いて撮影しています。

手すりとか柵って何かと便利

③構図の例

①の写真のように空を映すととても幻想的な感じになります。雪の遠近感が出ていい感じです。

カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/100 ISO:2000 絞り値:f/4.0
ストロボ:NISSIN i60A
秋田県秋田市にて

④撮影!

ここまで来たら後は撮影です。カメラを普通に扱っている人ならこんなの当り前だろ!!っていう準備でしたけどw

注意点としては、雪の降り方によって撮影条件をちょいちょい変えないといけないかな~と思います。

例えば下の写真。


カメラ:SONY α7Ⅲ レンズ:FE 24-105mm F4 G OSS
焦点距離:24mm シャッタースピード:1/10 ISO:2000 絞り値:f/4.0
ストロボ:NISSIN i60A
秋田県秋田市にて

撮影の条件としては①とほぼ一緒ですが、すごい吹雪になったタイミングで撮影したので、部分的に雪が尾を引いている感じになってます。

もしかすれば、自分の手ブレかもしれませんが(笑)、風の吹き方、フレームに映る雪の量など、タイミングによって変わってくることは間違いないです。

難しいですが、これこそ自然を相手にする楽しさだと思います!

おわり

寒かったです。当り前ですが(笑)

色々機材出したり、設定変えたりというのがしんどいし億劫でした…w

出来る限りの準備は、暖かい環境下で行うことがお勧めです。

みなさんも粉雪が彩る街・夜空の撮影、是非いかがでしょうか!

雪が降らない場所にお住まいの方は…秋田に遊びに来てくださいね(地元愛